ファインテックス広島【Finetex】
メール

カーテンの測り方

カーテンの採寸はポイントさえつかめば、さほど難しいものではありません。ファインテックスのお客様の多くは自分で採寸されて来店されています。また、ファインテックスではカーテン採寸用の専用メジャーを無料で差し上げております。ご希望の場合はお申し付け下さい。

カーテンの巾は、カーテンレールの長さから計算して出します。
よく間違って窓のサイズを測られる方がいらっしゃいますが、窓(サッシ)のサイズからはカーテンのサイズは出せません。窓に対してどれくらい長くカーテンレールを取り付けているかは様々だからです。
正確に言うと、カーテンレールのリングの右端から左端のサイズが幅のサイズです。ただ、カーテンの巾はレールに対して4~5%大きめに縫製しますので、一般的な機能レールの場合はキャップを含めた端から端まででもOKです。

装飾レールの場合の注意

装飾レールの場合も基本的には同じで、リングの右端から左端のサイズを測って下さい。
気をつけなければ行けないのが、装飾レールの場合、ポール(ドレープ側)とレース用レールの長さが違う場合。その際別々に測った方が良いでしょう。

出窓でレールが1本で付いている場合

A+B+Cのサイズを測って下さい。レールが別々の場合は必ずそれぞれを測って下さい。

高さも幅と同じように、カーテンを引っかけるリングを基準にして測ります。
レールの取付高さも様々ですし、レールのタイプによってリングの位置も違いますので必ずリングを基準に測って下さい。
左の様な掃き出し窓の場合は、リングから床まで測って下さい。掃き出し窓の場合は1cm違うだけで床に擦れてしまったり短く感じてしまう事もありますので、出来るだけ正確にミリ単位まで測っていただいてもOKです。
装飾レールの場合はドレープ側とレース側の高さが違う場合がありますので、それぞれを測って下さい。

掃き出し窓の下に壁がある場合

一般的にカーテンは窓下から15~20cm長めにします。なので、例の様な窓の場合も気にせず床まで測って下さい。もちろん短めがご希望の場合は製作出来ますので、床までのサイズと窓下から床まで何CMあるか測っていただけると、お好みの長さが計算で出せます。

腰高窓を測る場合

腰高窓の場合は掃き出し窓と違い、リングから窓下まで、又はご希望のサイズを測って下さい。
一般的に窓下15~20cm下までカーテンがあるとバランス良く見えますが、窓下に棚やテーブルを置いたりして、カーテンが邪魔になる事があります。そんな時はご希望の所までを測って下さい。
また、ファインテックスのオーダーカーテンは丈240cmまで同価格ですので、腰高窓の場合も床までの丈で縫製しても大丈夫です。

カーテンレールの種類や取付方法によりフックのタイプが決まります。 Aフックはカーテンレールにカーテンを引っ掛けた状態でもカーテンレールが見えます。 Bフックはカーテンを引っ掛け、閉じた状態にするとカーテンレールが見えなくなります。 AフックとBフックではカーテンの実際の縫製サイズが異なります。カーテンレールの状態をお確かめの上 お選び下さい。

カーテンの開き方(片開き・両開き)をお選び下さい。
オーダーカーテンなので片開き・両開きどちらでも縫製可能で価格も同じです。両開きの場合は2枚1組の価格です。
バランス的には両開きの方が綺麗に見えますが、お部屋の家具の配置や窓の位置など片開きの方が使い勝手も良くお部屋としてのバランスが良い場合もあります。お好みでお選び下さい。