ファインテックス広島【Finetex】
メール

ガラスフィルム

空間を美しくデザインし、高い安全性を発揮する

昔から女性の方の多くは、外出時に紫外線による日焼けを気にされていますが、近年オゾン層の破壊による紫外線増加は環境問題としてだけでなく、健康への悪影響を与える問題として、子供や男性の方も注意すべき問題になっています。その一例として、母子手帳から【日光浴】という言葉が消えました。しかし、紫外線には悪い影響だけでなく良い面もあります。たとえば、生体リズムを整えてくれたり、体内でのビタミンDをつくるのを助けてくれます。また、太陽光の中にある赤外線は筋肉や神経の緊張をほぐしてくれます。うまく活用することが大切ですね。
悪い紫外線の影響を減少させるため、機能性ガラスフィルムを窓に貼ることで、有害な紫外線カットはもちろんのこと、プライバシー保護、防犯対策を行うお客様が増えています。

機能性ガラスフィルムの特徴

外線を99%以上カット。主に女性の方から「肌荒れやシミ対策としての用途が一番多いです。

日焼け、シミ、シワの原因を低減します。家具や床材、展示商品などの日焼けによる変色を低減する効果があります。

地震や台風などの災害対策として注目されています。飛散防止フィルムが施工されていれば、ガラスが割れてしまった場合にでも破片が飛び散らないので、ガラス片によるケガを軽減することができます。

太陽からの赤外線を遮蔽してエアコンの省エネ効果があります。
断熱フィルムで最高14度位の室温差が体感できるので、かなりの省エネが期待できます。

室外への蛍光灯の紫外線放出を抑えます。
紫外線に集まって飛来する昆虫、害虫を大幅に低減させる効果があります。

外からの視線が気になる方に!カラーフィルムを貼ることで外から中が見えにくくなります。

高透明断熱フィルム

高透明断熱フィルムは、室内の明るさを維持しながら遮熱性能を発揮し、省エネルギーに効果が高く、透明性の高いフィルムです。冷暖房効率を高め、ご家庭の省エネルギー対策にも貢献します。
ショールームでは実際にガラスフィルムを施工した状態をご覧いただけます。ショールームでガラスフィルムを体感できますので詳しくは店頭スタッフまでお問い合わせ下さい。「ガラスフィルムなんて本当に効果があるの?」・・・なんて思っている方。
ショールームにて2コースご用意しました。是非、ご自身で効果を体感して下さい。

UVチェッカーで紫外線を計測

実際にUV計測器を用意しております。この測定器は、世界保健機構(WHO)と世界気象機構(WMO)が提唱して標準化された「UVインデックス」という指標を計測するUVチェッカーです。
屋外で計測すると通常「3~10」の数値を示しますが、ガラスフィルムを当てて計測すると数値は「0」になります。(ほとんどのフィルムが紫外線透過率1%以下です)

断熱実験で省エネ効果測定

ウィンドウフィルム断熱体感器では、奥から熱を出す照明を当てて、ガラスフィルムを貼ってある左側と貼っていない右側にそれぞれ手を当ててみました。左右同量の照明を同時に当てているのに、熱さも温度差も全く違います。これは夏のエアコンの省エネには大いに効果を発揮しそうです!
今回の実験では本当に驚きました。これなら自信を持ってオススメできると確信しています。是非、ショールームで実際に体感してみて下さい!